ビジネスで聞く、セグメンテーションやセグメントとは何?意味を分かりやすく♪

  • 2019.01.19
  •       
  • 2019.01.21
  •       
  • ビジネス
ビジネスで聞く、セグメンテーションやセグメントとは何?意味を分かりやすく♪

ビジネスシーンで耳にするこの言葉。

マーケティングにおいては、基本となる「セグメント」「セグメンテーション」ですが、皆さん、この意味をしっかり理解出来ていますか?

マーケティングに携わる方もそうでない方も、仕事をしていくうえで触れる機会の多いこの言葉。

この機会にしっかりと意味を理解しておきましょう♪

セグメンテーション、セグメントの意味とは?

マーケティング業界でビジネスをされている方は特に耳にする機会が多いのではないでしょうか。

セグメンテーションとは、「複数のターゲットとなる市場や顧客を細かく分類し、小さな顧客グループ(セグメント)に分ける事」です。市場細分化とも言われます。

もう少し細かく解説していきますね♪

新製品を開発する際、ターゲットとなる市場や顧客を決定します。

その際、ターゲットとなる市場や顧客を決めるために重要な作業になるのが、この「セグメンテーション」です。

現在では、「市場の成熟化」や「顧客のニーズの多様化」により、万人受けする製品は売れません。

より顧客の細かなニーズに寄り添った、ターゲット層を絞った製品の開発が求められるのです。

そこで、その細かなターゲット層を絞る作業が必要になってきます。

その細分化されたターゲットに対するマーケティング戦略により、製品販売の最大化や無駄な広告投入を抑える事が出来ます。

セグメンテーションをしっかり行い、販売ターゲットを明確にすることで、販売・利益の最大化を目指すことが出来るのです。

では、実際どういった材料を元にセグメンテーションを行っていけばよいのでしょうか。

次項では、その点について解説していきます。

セグメンテーションを行う際の分類は?

セグメント(市場・顧客グループ)をする必要性についてお話しさせていただきましたが、では実際どういった基準でグループ分けを行っていけばよいのでしょうか。

もちろん、市場や製品の性質・競合他社の有無によって異なってきますが、良く使われる分類として、

・男女や、年齢

・国や都道府県などの、在住地域

・ターゲットとなる人の収入や資産からの購入金額

・デスクトップやスマートフォンなどの、端末属性

・趣向や行動パターン

など、上記以外だけではなく、非常に多くの要素で分類分けすることが出来ます。

自社の強みや特性を生かし、より明確なセグメンテーションを行う事が必要ですね。

まとめ

マーケティングの基本となる「セグメンテーション(セグメント)」。

細かく分類分けされた市場や顧客の中から、ターゲットを選定し明確にすることが、利益の最大化や経費の削減は絶対に必要です。

どの業種にも必要な作業ですので、皆さんこの機会にもう一度ターゲットの見直しを考えなおしてみてはいかがでしょうか。

ビジネスカテゴリの最新記事