ビジネスでよく耳にするボトルネックとは何?意味や使い方など詳しく!

  • 2019.01.09
  •       
  • 2019.01.22
  •       
  • ビジネス
ビジネスでよく耳にするボトルネックとは何?意味や使い方など詳しく!

ビジネスシーンでまれに耳にする【ボトルネック】。

皆さんこの言葉の意味、ご存知ですか?

このボトルネックという言葉、使うシーンや使う相手等で微妙に意味やニュアンスが変わってきます。

そこで今回はこの言葉の意味や使い方を、シチュエーション別にご説明いたします!

この【ボトルネック】という言葉を、由来や意味も含めて詳しくご説明いたしますので、これから新社会人にになる方や、社会人経験はそれなりにあるものの「今更他人に聞けないなぁ」ていう人も、この記事を読んでみて下さい♪

ボトルネックという言葉の由来は?

そもそもなぜボトルネックというのかですが、皆さんワインボトルなどのお酒のボトル(瓶)を思い出してください。

どれだけ大きく、太い酒瓶でも首の部分(上部)が細くなっていますよね?

その瓶【ボトル】の細くなった首部分【ネック】をつなぎ合わせた言葉がボトルネックという言葉の由来と言われています。

また、全体の進行や、物事の進行の妨げになる事柄【ネック】がボトルネックの「ネック」部分の由来だと言われることもあります。

これで、ボトルネックという言葉の由来はご理解いただけたたと思います。

では、事項では言葉の意味をご説明していきますね♪

ボトルネックの意味は?

先ほど言葉の由来をご説明させて頂きましたが、では次は言葉の意味をご説明させていただきますね!

もう一度ボトルを思い出してください。

大きなボトルでも首の部分が細くなり、一定時間に出てくる量は少なくなってしまいますよね。

お酒を注ぐ際には少量でも問題ないですが、ビジネスの場合は違ってきます。

全体の作業の流れのうち、「速度の低下や妨げになる部分や要因」の事を意味します。

このボトルネックとなる部分を改善することで、作業効率を良くし、全体の効率化を図る事が出来ます。

そして忘れてはいけないのが、一つのボトルネックを改善してもその次、その次とどんどんボトルネックとなる個所は出てきます。

次々出ててくるボトルネックを常に意識し対応していく事が重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビジネスシーンで耳にする「ボトルネック」という言葉。

工程を妨げている部分を指すこの言葉。

僕も会社の「ボトルネック」とならない様、日々精進しないといけませんね!

今更聞けないと思っている方もこの記事を参考にしてください♪

↓あわせて読んでいただきたい記事はこちら♪↓

ビジネスカテゴリの最新記事