ママと赤ちゃんに必要な葉酸って何?効果や効能、なぜ必要なのかを詳しく!

  • 2018.07.02
  •       
  • 2018.08.22
  •       
  • 子育て
ママと赤ちゃんに必要な葉酸って何?効果や効能、なぜ必要なのかを詳しく!


お母さんや赤ちゃんに必要な栄養素として、近年注目を集めている【葉酸】
でもなぜ必要なのか、どういった効果があるのかいまいち分からない方も多いはず。
効果や必要性は分からないけど、とりあえず、、、

ちょっと待った!

赤ちゃんのためを思うのであれば、なぜ効果があるのかぐらいは知っておきましょ♪
知ることで今後の葉酸サプリ選びも失敗しないはず!

そこで今回は葉酸の効果効能から葉酸サプリ選びのコツまで紹介していきますね♪
最後におすすめの葉酸サプリも記載しておきますので、よろしければ参考にして下さいね。

そもそも葉酸って何?

そもそもよく聞くこの「葉酸」って言葉自体なんの事かさっぱり分からないっていう方も多いはず。
これだけ世の中に認知されていると今さら聞くに聞けないですよね。

葉酸とは簡単にいうとビタミンの一種です。
私は何も知らない時は、葉っぱみたいなものを想像していました、、、

このビタミンB群の一種である葉酸を摂取することで、お腹の中にいる赤ちゃんの発育の促したり、
神経管の障害が発症するリスクを減らすことが出来ると言われています。
他にも赤ちゃんやお母さんへの良い効果もあるのですが、それは次の項目で詳しく説明していきます。

葉酸って、もちろんサプリメントが一番効率良く摂取できると言われているのですが、
普段食べている食事にも含まれているものが多いんですよ。

例えば、、、
・枝豆やブロッコリー、ほうれん草などの野菜
・いちごやマンゴー、キウイやメロンなどの果物
・鮎、いくら、ホタテ貝などの魚介類

上記のものが比較的含有量が多いとされている食物なので、少し気にかけて多く食べるようにしましょう♪

葉酸を過剰に摂りすぎたことによるリスクは非常に低いと言われているのですが、過剰摂取による「葉酸過敏症」というのもあるので、
1日の摂取量は1,000㎍を目安にしてください。

葉酸が赤ちゃんに与える効果や摂取する必要性とは

なんとなく「妊娠前や妊娠中に葉酸というものが必要なのか、、、」
と、ぼんやり理解はしているものの実際、何に効果があるのかはっきりと知らない方も多いはず!

なので具体的にどういった効果があるのかを詳しく説明していきますね。

胎児の神経管閉鎖障害の予防効果がある

一番有名な効果ではないでしょうか。

※神経管閉鎖障害‥‥脳や脊髄などの中枢神経の元になる「神経管」の一部が塞がらず、脳や脊髄が正常に機能しなくなる疾患です。
神経管の下部に障害が発生するものを「二分脊椎症」、上部に現れるものを「無脳症」と呼びます。
二分脊椎症では生涯にわたって治療やリハビリが必要になる可能性があり、無脳症に至っては流産・死産となるとても恐ろしい疾患です。

この疾患の予防に葉酸が効果があると言われています。

実際国内でも2000年に厚生労働省から、
「妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、サプリなどの栄養補助食品から1日400ugの葉酸を摂取するように」との通知が出されました。

流産の防止に効果がある

流産の確立って知っていましたか?
いやな情報ではありますが、全ての方の妊娠のうち、約15%の確立で流産の可能性があるそうです。

皆さん元気なお子さんを生みたいはず!流産なんて絶対避けたいはず!

葉酸は流産のリスクを低くすることが可能なんです。

流産の中でも早期流産(妊娠12週未満)が全体の70%以上で、その多くが「先天性の奇形」が原因だと言われているのです。

葉酸は胎児が細胞分裂を行う際に、奇形を防止する働きがあります。
葉酸を体内に取り入れることで、奇形の発生を起こしにくくするのです。

その他にも、お母さんが葉酸を摂取し続けることで子宮内膜が強くなり、
受精卵が外に出てしまったり、受精卵が定着せずに流産してしまうリスクを少なくする事が出来ます。

ただ、葉酸を摂取すれば100%流産のリスクがなくなる、というわけではありません。
ですが、「流産の確立を少しでも下げる」為に摂取することが大事ですね。

お母さんの貧血の予防

妊娠中のお母さんは「葉酸欠乏症」という症状になりやすいです。主な症状として「貧血」なりやすくなります。

その名のとおり、葉酸が欠乏している状態なのですが、貧血以外にも、
・手足のしびれ
・動脈硬化 などがあげられます。

その他にも特に注意すべき点として「胎児への悪影響」。これが一番気を付けないといけません。

葉酸は胎児の成長に重要な栄養素です。
前項でもお伝えしましたが、神経系には特に必要なものとなります。

お母さんの貧血の予防と共に、やはり赤ちゃんの為に葉酸の摂取は欠かさないようにしましょう。

葉酸は育乳に効果あり!母乳の栄養価を高めてくれる!

葉酸の効果は妊娠前や妊娠中だけではありません。
出産後の「育乳」にも効果があるのです。

お母さんが葉酸を摂取する事で、母乳の原料となる血液の生成をサポートしてくれるので母乳の出がよくなります。
また、血液の生成をサポートすることにより質の良い血液が作られ、更に良質な母乳がつくられるのです。

出産後の赤ちゃんの成長にも葉酸が大きく関係しているので、しっかり葉酸を摂取したお母さんから作られた良質な母乳が必要で、
産後から卒乳までしっかり育乳してあげましょうね♪

まとめ

この他にも、葉酸を摂取する事で得られる効果は
・子供の自閉症のなるリスクの低下
・つわりの軽減
・産後の抜け毛対策
・産後のうつ病予防
などがあります。

胎児の健康な発育や出産後の成長に欠かせない「葉酸」。
お母さんの体のケアにも大きな効果をもたらしてくれます。

普段の食事からだけでは必要量を補うことが難しければ、
サプリなどの補助食品を使うなどして、しっかり葉酸摂取、していきましょう!

子育てカテゴリの最新記事